クリニック案内

クリニック案内

「上誠邦鼎口腔顔面医学グループ」には「上誠歯列矯正専科」と「敦御デンタルクリニック」が含まれています。創業医師 唐瑋勗 医師はアメリカで八年間勤務していました。アメリカにいる間、アメリカの歯列矯正の医療水準については、学術研究と臨床治療上では世界をリードしている一方、医療品質においても、道徳、プロ教養、態度、経営管理理念などを含め、更に優れていると感じました。唐医師は台湾に帰国後、学んだ知識を社会に貢献し、アメリカ式の専門医紹介制度を用いて歯列矯正の専門診療を行っています。1993年に「上誠歯列矯正專科」を開設し、歯列矯正専門の医療サービスを提供しています。2014年に、単一の専門診療科を拡大してトータルな専門治療ができるような口腔医学センターを設立するため、「敦御デンタルクリニック」を開設し、トップな国際医療チームになるのを目指し、医療サービスの幅を拡大しました。

上誠の開設

「上誠歯列矯正專科」は1993年に 唐瑋勗 医師によって開業されました。唐医師は若い頃、優秀な成績で、歯列矯正の陸軍士官学校 (The West Point of Orthodontics) と称されているイリノイ大学に入学し、歯列矯正專科の臨床訓練を受けていました。そして、1983年に米国歯列矯正專科医師の免許(Certificate of Orthodontic Specialist)を取得しましたら、米国カルフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアで勤務を始め、臨床経験を積み重ね、より多くの最新技術と経営管理能力を育て、好評を博していました。それと同時に、唐医師はサンフランシスコのパシフィック大学 (University of the Pacific) のデンタル学院歯列矯正学部で教鞭も執っていました。 1992年に唐医師は台中栄民総医院の招聘に応じ、客員教員として務めていた時、台湾では歯列矯正の専門的な人材が大変欠けているのが気づき、そこで今まで勉強してきたものを貢献しようと思って、台湾に残る事にしました。米国式専門医紹介制度を採用して歯列矯正の専門診療を行い、1993年に「上誠歯列矯正專科」を開業し、現在に至って歯列矯正の専門医療サービスを提供しています。

敦御の開設

台湾の社会生活様式の変化につれて、人々の専門品質に対してのニーズがますます増えてきました。長期間の観察によっては、唐瑋勗 医師は、各歯科分野それぞれ独立して行うという米国式専門医紹介制度のもとでは、患者の他診療科への移動が、時間の無駄でもあれば、不便でもあると察し、その上、他診療科の治療品質の把握がきわめて困難であると感じました。それで、治療品質とプロフェッショナル サービスを強めるため、唐瑋勗医師は唐正医師、陳鄭賢医師など同じ理念を持つ専門医師団を招き、元単一診療専門クリニックをトータルな治療ができる口腔医学センターへと拡大しました。 2014年11月に「敦御デンタルクリニック」を開院し,上誠歯列矯正專科と共に、患者さまに高品質でトータルな口腔医療サービスを提供しています。全室個室の診療室が8部屋あり、そのうち5部屋が一般歯科の診療室で3部屋が手術に対応できる診療室です。

国際医療

国際医療が世界中で盛んになりつつあり、世界保健組織WHOの統計によると國際医療のビジネスは毎年約15%に近いペースで増加しています。台湾に卓越した医療技術と豊かで深い文化があってこそ、上誠と敦御医療チームの医師には質の良い人文素養を身に付ける事ができ、ハイレベルの顎顔面矯正においてトップの地位が確保できます。また、患者の様々なニーズに応じて、国際基準に合う高品質、かつトップクラスのトータル医療センターを作り上げて発展しようとしております。 米国式の専門訓練を受けていた医師たちは、医療チームの核心力となり、先端技術の競争力を保つため、日々研修に励んております。さらに、クリニックではサービス管理、診療品質を重視しているため、誠心誠意を以って患者様から、安心と信頼を得ています。