インプラント

インプラント

1. 健康な隣の歯を保留する。伝統的なブリッジは前後の歯を削らなけれならない。すなわち『本物の歯が一本欠けた場合三本の義歯が作らなければならない』。しかしインプラントは健康な歯を傷つけることなく欠けた歯を修復することができます。
2. もっと理想的な義歯デザインを提供します。欠けている歯の本数が多い場合、インプラントは固定した義歯に作ることもできます、取り外しできる義歯をつける必要がありません;もし条件が許さなければ、インプラントも取り外しのできる義歯を支えることも可能です。伝統的な取り外しより安定性と咀嚼力が優れています。
3. 歯が全くない場合、インプラント治療で咬合力が強い取り外しのできる義歯を作ることができます;条件が許されば、口全体の固定な義歯を作ることも可能です。 歯が欠けた場合或いは抜歯の後すぐに補綴しないと、隣の歯が倒れ歯列及び咬合不良になり虫歯及び歯周病を引き起こす原因になります。
伝統の治療方法には二つの選択肢があります:一つは欠けた歯の両側の歯を削り固定式のブリッジを作る;二つ目は取り外しのできる義歯を作る。
前者は健康な歯を削らなければいけない。またブリッジは食べカスなどが残りやすく口腔異味が引き起こします;後者の場合は装着上不便でかつ異物感が感じます。ですから体の状態、骨質条件及び予算が合えば、インプラントは最適な選択肢です。